デザイン雑感

***デザインコンセプト
きわめて個人的な話ですがオリジナリティに富んだデザインよりもMUJIみたいに色も柄も抑えたものばかり好んで買っていた時期がありました。お手頃だし主張しすぎないデザインなのでどんな場所でも馴染み、使いやすいと感じていました(実際、今でもそう感じます)。でも、もう少し生活に彩りがあってもいいかなと思う様になり、今思い返すとたぶん結婚がきっかけだったような気がしますが、食器などにもこだわりたくなりセンスのいい雑貨やインテリアだったら欲しいと思うようになりました。もちろんビジュアルだけじゃなく機能や質感にもこだわって。

たとえばアンティーク。本物のアンティークはとても高価ですね。しかも困ったことに私は、アンティークデザインは好きなのですが中古品が嫌いなのです。矛盾してますけど(笑)。とはいえ新品の既製品にありがちな、なんちゃってアンティークは素材がツルピカだったりするので興醒めしてしまいます。アンティーク調のデザインで、手触りも雰囲気も機能性もあり、でも新品、なんていうワガママな商品が欲しいのです。
特に文房具なんかは本物のアンティークというワケにいきませんから、それっぽいものを探すのですが、、、、
つまり…そんなわけで、自分の欲しいと思う物を作ってみたらいいんじゃないかしらと考えました。
オリジナルだけれども押しつけのオリジナリティじゃなくて、さりげないけど存在感のある、アンティークに限らず「こんなのがあったら」と思うものをいくつかカタチにしてみました。
今後も、作ったものをブラッシュアップしながら新作にも取り組んでゆきたいです。

***クリエイティビティとオリジナル
独自に創意工夫されたデザインにはリスペクトを覚えます。かたちや機能で生活が変わるほどの(たとえば携帯電話やスマートフォンのように)斬新なアイデアを提案するのは容易ではありませんし、日本人にはなかなか出来ないことかもしれません。
ですので、一般的にはビジュアル的要素でオリジナリティを求める傾向が強いように感じます。はたしてそれはデザインと言えるのかどうかは分かりません。もしかするとアートの領域なのかもしれませんが、誰の目にも独自の創作物として認識しやすいのはビジュアルによる差別化だと、そんな気はしています。

かくいう私もビジュアルによるオリジナリティを追求したいと思う様になりました。ビジュアルだけに拘泥するのは押しつけのオリジナリティだと思っていた時期もありましたが、素直に描くことが好きな自分を前面に出してみてもいいかなと、今はそう思っています。
(まだ書きたいことがあるのですが今日はこのへんまでにしておきますね。また気が向いたら続きを書くかもしれません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です